人命にかかわる建物の構造について正しい知識でマイホームを建てる


人命を守る建物の構造

住まいの性能の中でも、構造は人命に関わる大切なことです。
地震大国の日本では、構造の目的は地震に対して安全な建物を造ることです。

建築基準法の基準

住宅は建築基準法により、最低限度の基準が定められています。
鉄筋コンクリートや鉄骨造は、住宅でもほとんどが構造計算により安全が確認されていますが、木造の戸建てに関しては構造計算は必要のない規定になっています。

簡易計算と言って筋交いなどを入れた耐震壁の量によって計算されます。
建築基準法では木造に対して、筋違いを基準値以上位置することで、地震に対する安全を確保する方法がとられています。

木造建築の耐震設計のメリット・デメリット

木造の簡易計算というのはある基準をクリアするための労力を少なくし、コスト的にメリットがあります。

しかし、デメリットとしてバランスの悪い耐震壁配置を行うと、建築基準法はクリアしていても被害をもたらすことが有ります。

一部の筋違いだけに力が集中し、他の部材は地震に抵抗するために役立っていない。
そのため、設計士には経験と知識が求められます。

ハウスメーカーなどでは間取りを優先し、耐震壁のバランスを考慮しないのが、現在の日本の木造建築の弱点です。
できれば信頼のおける経験豊富な設計士か工務店に依頼するのがいいでしょう。

耐震壁配置が悪いとハッキリ言ってくれる設計士が、住宅の間取りについて良い設計を行ってくれると思います。

従来、伝統的に日本の大工に伝えられてきた伝統木工法が、建築基準法の中で規定されておらず、使えないという点も指摘されますが建築士会などの関係団体によって、研究され見直されつつあります。いつかは伝統工法で新築住宅を建てることもできる日が来るかもしれません。

その他の構造

鉄筋コンクリートの住宅は確かに丈夫ですが、建築費が高額のために、全ての人が採用できる構造形式ではありません。

鉄骨造の中でも、軽量鉄骨が用いられたものは、地震に対して丈夫でも耐用年数が限られています。

2×4住宅は建築当初は非常に強い耐震性を発揮しますが、釘を打ち付けられた合板のパネルが主要な構造部材のため、やはり、耐用年数に問題があります。

在来木造で建築基準法をクリアし、かつ、地震に安全な建物を造るためには、柱や梁の太さを基準より太くすることが大切です。昔の民家は太い部材が使われていたのですが、古い伝統建築物が長く持つ理由の一つになります。
但し現代では太い部材は高価になりますので、コストと併せ検討する必要があります。

家族とDIY工房 | 女性向けエステ.com | 住宅リフォーム総合情報 | ショッピングカート | 工務店向け集客ノウハウ | 初値予想 | 生命保険の選び方 | 健康マニアによる無病ライフ | 内職 アルバイト | お小遣いNET | SEOアクセスアップ相互リンク集 | オーディオ | 心の童話 | 童話 | 女性の人生 |

iPagerank